母の日にカーネーション以外の花を贈る習慣

こどものころからずっと、母の日にはカーネーションを贈っていました。あらためて考えることもなく、カーネーションにしていたのです。
5年ほど前、ふと「今年はほかの花にしてみようかな」と思いました。特になにかきっかけがあったというわけではありません。ただ、ほんとうに「ふと」思いついたのです。
母は花が大好きで、好みの花もたくさんあり、「バラも好き、ユリもきれい、トルコギキョウもすてき」といった調子。そのことが花の選択をかえってむずかしくしました。いろいろ迷って、結局ユリ(オリエンタルリリー)を選ぶことにしました。
大輪で高級感のあるオリエンタルリリーは、女性ならだれでも憧れる花です。
有名なカサブランカは白花なので、もう一種類ピンクのユリとあわせて、花束にしました。紅白にしたわけです。
母はことのほか喜んでくれました。迷った甲斐があるというものです。それ以来、私は毎年ちがう種類の花を贈るようにしています。「今年はどの花にしようかな」と考えるのもまた楽しい。ゴールディンウィークのころになると「今年の花」の検討を始めます。

カーネーション以外の花を関連ページ

母の日にはお花を
誕生日に
クリスマスのプレゼント